学校教育法第150条

第百五十条  学校教育法第九十条第一項 の規定により、大学入学に関し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者は、次の各号のいずれかに該当する者とする。

一  外国において学校教育における十二年の課程を修了した者又はこれに準ずる者で文部科学大臣の指定したもの

二  文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者

三  専修学校の高等課程(修業年限が三年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者

四  文部科学大臣の指定した者

五  高等学校卒業程度認定試験規則 による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(旧規程による大学入学資格検定(以下「旧検定」という。)に合格した者を含む。)

六  学校教育法第九十条第二項 の規定により大学に入学した者であつて、当該者をその後に入学させる大学において、大学における教育を受けるにふさわしい学力があると認めたもの

七  大学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、十八歳に達したもの

学校教育法(文部科学省公式サイト)

学校教育法全般はこちらの政府のサイトからご覧になれます。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22F03501000011.html

学校教育法(もくじ)

赤字(第九章第二節)に上記項目の記述があります。

学校教育法施行規則を次のように定める。

第一章 総則 

 

 第一節 設置廃止等(第一条―第十九条) 

 

 第二節 校長、副校長及び教頭の資格(第二十条―第二十三条) 

 

 第三節 管理(第二十四条―第二十八条) 

 

 

第二章 義務教育(第二十九条―第三十五条) 

 

 

第三章 幼稚園(第三十六条―第三十九条) 

 

 

第四章 小学校 

 

 第一節 設備編制(第四十条―第四十九条) 

 

 第二節 教育課程(第五十条―第五十八条) 

 

 第三節 学年及び授業日(第五十九条―第六十三条) 

 

 第四節 職員(第六十四条・第六十五条) 
 

 第五節 学校評価(第六十六条―第六十八条) 

 

 

第五章 中学校(第六十九条―第七十九条) 

 

 

第六章 高等学校 

 

 第一節 設備、編制、学科及び教育課程(第八十条―第八十九条) 

 

 第二節 入学、退学、転学、留学、休学及び卒業等(第九十条―第百条) 

 

 第三節 定時制の課程及び通信制の課程並びに学年による教育課程の区分を設けない場合その他(第百一条―第百四条) 

 

 

第七章 中等教育学校並びに併設型中学校及び併設型高等学校 

 

 第一節 中等教育学校(第百五条―第百十三条) 

 

 第二節 併設型中学校及び併設型高等学校の教育課程及び入学(第百十四条―第百十七条) 

 

 

第八章 特別支援教育(第百十八条―第百四十一条) 

 

 

第九章 大学 

 

 第一節 設備、編制、学部及び学科(第百四十二条―第百四十三条の三) 

 

 第二節 入学、退学、転学、留学、休学及び卒業等(第百四十四条―第百六十三条) 

 

 第三節 履修証明書が交付される特別の課程(第百六十四条) 

 

 第四節 認証評価その他(第百六十五条―第百七十三条) 

 

 

第十章 高等専門学校(第百七十四条―第百七十九条) 

 

 

第十一章 専修学校(第百八十条―第百八十九条) 

 

 

第十二章 雑則(第百九十条・第百九十一条) 

facebook

Twitter